nay

matsukage nay blog

自撮りがストレス軽減に効く理由あれこれと、

f:id:naqque:20131212103219j:plain

とうとう「自撮り」が世界的ブームとして取り上げられたよ!

海外の流行語大賞にも。自撮りが世界的ブームになってる - NAVER まとめ

 

自撮りは数年前から地味に存在していたはずなのですが、こうして「ブーム」として取り上げられて、自撮りをサポートする加工アプリなどが増え始めたのはここ1,2年じゃないかと思います。

自撮りを使った交流はむかしから多数ありますよね。(出会い系は置いといて)

2ちゃんの顔面評価スレから、mixiのメイク・コーディネートコミュニティから、いまAmebaのぐるっぽで賑わっている「プロフ画が顔写真の人だけ入れる小中学生専用コミュニティ」から、Twitterでお馴染みの「  とかいう初見だとゾッとしそうなハッシュタグでの交流……

 

 

 

突然ですが、わたしは上に書いたコミュニティのなかでもひときわ「Twitterで意味不明なかまってちゃんハッシュタグをつけて加工しまくりの自撮りを晒してRTやふぁぼを乞うひとたち」が大きらいでした。

そんな、光とばしまくり加工しまくりでもう原型がわからないレベルの自撮りを載せてちやほやされてうれしいの??自意識溢れすぎじゃない?どうしていちいち使うタグが上から目線なの??

とずっとイライラしながら毎日毎日タイムラインに流れてくる自撮りを眺めていました。(でも見ているという)わたしがこれほどイライラしていたのは、ほかでもないじぶんに自信がまったくないからです。自撮りコミュニティなんてナルシストの極みや、とか言いつつも、正直参加してみたいけど写真に残せるような見た目じゃないし、とじぶんを卑下していたし、一時期は、飛び抜けてかわいい(イケメン)子以外はわたしのように自撮りを慎めよ!!とすら思っていました。わーい。暴言だ~。

 

わたしのひねくれた考えがまるっと変わったのは今週の水曜日に放送された「ホンマでっかTV」の、知って得するお風呂のヒミツというコーナーで語られたとある効果。番組で話されていた順番に箇条書きでまとめます。

  • 鏡で自分を見るのはいいこと(特にお風呂で裸になったときに全身を見るといい)
  • 客観的に自分を見ることで、ストレスを軽減する効果がある。
  • 鏡を見ることは精神衛生に良いと証明されている。
  • ストレスとは「自分の思うとおりに物(事)が動かない」ことから来る。
  • 鏡だと、自分が動いてほしいように鏡の自分が動いてくれる。(自己コントロール感)
  • 自分の動きを見ることで、自分自身を改めて感じることができるので、ストレスが発散される。

つまりつまり、

  • 自撮りすることでじぶんを客観的に見られて、加工して理想に近いかわいさになることで自己コントロール感を覚え、ストレス発散につながる!

なーるーほーどー!

このなるほど感はご理解いただけるでしょうか……。寝起きすっぴん髪ボサボサの状態で鏡を見てしまったときのテンションの下がり具合ったらないじゃないですか。けれど、顔を洗って歯を磨いてご飯を食べて、お気に入りの服に着替えてメイクをして、髪の毛も梳かして鏡を見ると、「ふう、やっとホントのわたしになった☆☆」と落ち着きませんか?(過剰な表現をしましたすみません)ホントのわたして……すっぴんぼさぼさがホントのわたしなんですけどね。

ちかごろTwitterで芸能人やモデルでもないのに自撮りで評価をもらおうとしているかれらは、日々のストレスと戦い、また、承認欲求などを満たすために必死に交流しているんですね。昨日よりかわいくなれるように努力するんですね。わたしかって100%お世辞だとわかっていてもかわいいとか言われたら1周間は浮かれていられるし、お世辞でも~ってタグは下手に出て保険をかけているのではなく、意外と切実な思いなんだろうなあ。

わたしが手の出せない場所でかれらが楽しんでいるから、羨ましいあまりに批判的になっていたのかもしれません。はずかしー。

というわけで、プロフ写真を自撮りにしてみました!!飽きたらまた考えます。長くなったのでまた調整します。